2022.6.28

INFORMATION

(国)北海道大学と弊社研究開発部との共同研究「Screening Antibiotic-Resistant Escherichia coli in Wastewater and River Water Using a Novel Simple Phenotypic Antibiotic-Susceptibility Testing Method」が共著論文として「ACS ES&T Water」に公開されました。

(国)北海道大学と弊社研究開発部との共同研究「Screening Antibiotic-Resistant Escherichia coli in Wastewater and River Water Using a Novel Simple Phenotypic Antibiotic-Susceptibility Testing Method」が共著論文として「ACS ES&T Water」に公開されました。


https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsestwater.1c00359



【要約】

弊社からリリースしている大腸菌数測定キットに抗菌薬を添加することで、薬剤耐性大腸菌を簡易に定量できることを明らかにした。薬剤耐性大腸菌数は下水処理場間ではさほど違いはなく、抗菌薬の種類に大きく依存した。河川水中の薬剤耐性大腸菌数は川の流下距離に比例して減少した。薬剤耐性大腸菌比率は処理水中よりも未処理下水中で高く、このことは下水処理において薬剤耐性大腸菌が効率的に除去されていることを示すものである。