2022.9.15

INFORMATION

(国)北海道大学と弊社研究開発部との共同研究「Highly sensitive and homogeneous detection of unamplified RNA based on the light scattering properties of gold nanoparticle probes」が共著論文として「Biosensors and Bioelectronics: X」に公開されました。

(国)北海道大学と弊社研究開発部との共同研究「Highly sensitive and homogeneous detection of unamplified RNA based on the light scattering properties of gold nanoparticle probes」が共著論文として「Biosensors and Bioelectronics: X」に公開されました。


https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S259013702200142X



【要約】

病原体の核酸を簡易かつ迅速に定量可能な光導波路センサーを開発した。本技術により、RNA抽出後10分以内に逆転写やcDNAの増幅を行うことなく、細菌の16S rRNAおよびmRNAを高感度(検出限界は約100 copies/μL)に定量できた。この値はこれまでに報告されているRNAの直接定量アッセイと比較して3桁低いものである。